賠償責任

保険金をお支払いする主な場合

例えばこのようなケースに保険金をお支払いします

海外旅行中に、お店に置いてあったものにうっかりぶつかって壊してしまい、弁償をすることになった。

賠償責任では、保険のお支払対象となる期間中の事故により、他人にケガをさせてしまったり、他人の物(ホテルの客室、ホテルのルームキー、レンタル旅行用品などを含みます。)を壊したりしたこと等によって、法律上の損害賠償責任を負った場合に、損害賠償金および費用(訴訟費用等)の合計金額をお支払いします(免責金額(自己負担額)はありません。)。
ただし、1回の事故につきお支払いする損害賠償金は、賠償責任保険金額を限度とします。

※お客さまが責任無能力者の場合で、その責任無能力者の行為により親権者等が法律上の損害賠償の責任を負った場合もお支払いします。

※ 損害賠償責任の承認には、事前に保険会社の承認を必要とします。

保険金をお支払いできない主な場合

  • 故意
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変、核燃料物質等
    ただし、テロ行為(政治的、社会的もしくは宗教・思想的な主義・主張を有する団体・個人またはこれと連帯するものがその主義・主張に関して行う暴力的行為)は除きます。
  • お客さまの職務遂行に直接起因する損害賠償責任
  • お客さまの同居の親族、旅行行程を同じくする親族に対する損害賠償責任
  • 心神喪失に起因する損害賠償責任
  • 航空機、船舶、車両、銃器の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任
  • お客さまが所有、使用または管理する物の破損について、その物について正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任*

など

* 次の損害に対する損害賠償責任はお支払いの対象となります。

  • 宿泊施設の客室、宿泊施設の客室内の動産(宿泊施設のルームキー、客室外のセイフティボックスのキーを含みます。)に与えた損害
  • 居住施設内の部屋、部屋内の動産(建物またはマンションの戸室全体を貸借している場合を除きます。)に与えた損害
  • 賃貸業者から保険契約者または被保険者が直接借り入れた旅行用品または生活用品に与えた損害