疾病死亡

保険金をお支払いする主な場合

例えばこのようなケースに保険金をお支払いします

海外旅行中に脳卒中で倒れ、現地の病院で手当を受けたが、旅行先で死亡された。

疾病死亡では、以下の「お支払いの対象となる主な場合」のいずれかに当てはまる場合、疾病死亡保険金額の全額をお支払いします。

お支払い対象となる主な場合

  • 保険金のお支払い対象となる期間中に発病し、死亡された場合
  • 保険金のお支払い対象となる期間中に発病(発病の診断は治療費用と同様です。)した病気、または期間中に原因が発生して期間終了後72時間以内に発病した病気によって、期間終了日からその日を含めて30日以内に死亡された場合(ただし、責任期間終了後72時間を経過するまでに医師の治療を始め、その後も継続して治療を受けていた場合にかぎります。)
  • 保険金のお支払い対象となる期間中に感染した特定の感染症(治療費用と同様です。)によって、期間終了日からその日を含めて30日以内に死亡された場合

保険金をお支払いできない主な場合

  • 故意または重大な過失
  • 自殺行為、犯罪行為または闘争行為
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変、核燃料物質等
    ただし、テロ行為(政治的、社会的もしくは宗教・思想的な主義・主張を有する団体・個人またはこれと連帯するものがその主義・主張に関して行う暴力的行為)は除きます。
  • 妊娠、出産、早産、流産、またはこれらが原因の病気および不妊症
  • 歯科疾病
  • 頸(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で医学的他覚所見のないもの
  • 無資格運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬などを使用しての運転中に生じた事故

など