旅行・留学・ワーホリの海外旅行保険|比較・加入サイト

補償内容

【留学生生活用動産と携行品損害補償】留学保険と海外旅行保険の違い

留学生生活用動産と携行品損害

海外旅行保険の補償に、

「携行品損害・留学生生活用動産」がございます。

どちらも携行品(身の回り品)の補償ですが、海外旅行保険と留学・ワーホリ用のプランでは補償内容が異なる部分がございますので、違いについて解説いたします。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

携行品損害

主に海外旅行保険でセットされる補償項目で、携行品(カメラ・カバン・衣類・航空券・パスポート等)が、盗難にあったり、破損火災など、偶然な事故により損害を受けた場合に、時価額または修繕費のいずれか低い方が補償されます。

ただし、居住している施設内(アパートやシェアハウスなど)にある物は携行していないと見なされ、補償の対象外になります。

留学生生活用動産

海外旅行保険の留学やワーホリ用のプランにセットされる補償項目です。上記の携行品損害の補償と同様に、外出中に携行している身の回り品に加え、海外の居住施設・宿泊施設内にある被保険者の家財や身の回り品が、盗難や火災など偶然な事故によって損害を受けた場合にも補償されます。

違いは?

海外旅行保険の場合、ホテル等の宿泊施設での盗難等は携行品損害で補償されますが、居住しているアパートやシェアハウス内に置いている物の盗難等は補償の対象外となります。

海外旅行保険の留学・ワーホリ用プランにある留学生生活用動産の補償では、宿泊施設内での携行品の盗難等に加え、アパートやシェアハウス内に置いている物の盗難等でも補償されるという点です。

宿泊施設 居住施設
海外旅行保険(携行品損害) ×
留学・ワーホリ向けプラン(留学生生活用動産)

また、ホテルは宿泊施設と見なされ、賃貸のアパートやシェアハウスは居住施設とみなされます。(ただし居住実態の把握は保険会社によって異なることがあるため、ご契約の保険会社にご確認下さい。)

注意点

現金やクレジットカード、自動車、原動機付自転車、サーフィン等のスポーツの用具、コンタクトレンズなどの盗難・破損等は補償の対象外になり、全ての身の回り品が補償されるわけではありません。

また、置き忘れ紛失(置き忘れや紛失後の盗難を含みます。)も補償の対象外となります。

保険料は?

留学生生活用動産の補償をつける場合、保険料が高いと感じるかもしれません。

留学生生活用動産の保険金額(支払限度額)を変更することが可能な場合は、40万円から30万円に設定したりすることで、保険料を若干下げることも可能でしょう。

※携行品損害保険金は、保険期間を通じて携行品損害保険金額が限度となります。
留学生生活用動産損害保険金は、同一保険年度内の事故に対して留学生生活用動産損害保険金額を限度とします。

まとめ

保険期間中、ホテルに宿泊するのか、寮に住むのか、ホームステイするのか、アパートを借りるのか、居住の実態に合わせてご検討されると良いかと思います。

保険料との兼ね合いもありますので、全体の保険料をみて考えてみてはいかがでしょうか。

また、賠償責任の補償についても、留学・ワーホリ向けの補償がございます。

以下の記事も是非ご一読ください。

賠償責任補償の違い
【賠償責任補償】留学保険と海外旅行保険の違い賠償責任とは? 海外旅行保険の中には、賠償責任補償という補償項目があります。 普段私たちが生活する中で、ちょっとした不注意によっ...